HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [Los Angeles]

コンテンポラリースタイルで楽しむレストラン

Jun 09, 2016

  • 現代美術館「The Broad」の敷地に2015年11月にオープンしたコンテンポラリースタイルレストラン「オティウム」。オーナーシェフのティモシー・ホリングワース氏は、サンフランシスコのミシュラン三ツ星店「ザ・フレンチランドリー」で13年修業し、2009年には仏・リヨンで行われた国際料理コンクール「ボキューズ・ドール」でトップ6名に入るほどの実力の持ち主だ。

    コンセプトは、ラスティックなインテリアの中で味わうカジュアルな料理。彼が世界各国を旅行して体験した料理と、一流シェフ達から学んだテクニックをベースにメニューを組み立てる。今注力するのは、日本の土鍋を使ったフレンチトーストやファラフェル、ベトナム風ロブスターロールなど世界のフレーバーを取り入れたユニークな品。

    店内は、高い天井とガラス張りのデザイン、パティオにある大きなオリーブの木がアウトドアな気分を演出する。トップフロアのテラスでは、コンテンポラリーデザインの一部としてハーブが育てられ、料理にも取り入れられている。
    (『料理通信』2016年5月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Otium
    222 South Hope Street Los Angeles CA, 90012
    ☎ +1+213-935-8500
    11:30~15:00(土、日曜は10:30~14:30)
    17:30~22:00(木~土曜~23:00)
    月曜休

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。