HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [Cambridge]

旅するシェフが辿り着いた“無国籍小皿料理”

Dec 14, 2017

  • 2016年にオープンして以来、平日でも予約必須の「リトル・ドンキー」は、“グローバル小皿料理”が人気の店だ。ボストンやNYC等で複数のレストランを手がけ、高い評価を得ているオーナーシェフ2人組が、世界を旅して出会った食材、調味料や調理法を用い、文化的枠組みを取り払って創作する料理である。

    アジア、中東、アフリカ、欧州、さらに北・南米を感じるメニューを、どの客も興味津々に覗き込む。たとえば、煮詰めたザクロジュースをまとわせたアボカドの網焼きには、ローストしたカボチャの種とヨーグルトを添え、越南風エビペーストを塗ったサワー種のトーストにはミントの葉をプラス。カラスミやニンニクの芽で和えた在来種のトマトや、フェタチーズと唐辛子を巻いたキュウリのサラダなど素材使いは多彩だ。

    また、生魚を地中海、中米、韓国、日本風に供するロー・バーも好評。複雑に風味を掛け合わせ、馴染みある食材は切り方で変化を持たせてユニークな一皿に仕上げるところに、調理人の技が光る。
    (『料理通信』2017年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Little Donkey
    505 Massachusetts Ave., Cambridge, MA 02139
    11:00~25:00(木曜・金曜~26:00)、
    土曜・日曜10:00~15:00、17:00~26:00(日曜~25:00)
    無休
    キュウリのサラダ 11ドル
    www.littledonkeybos.com/

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。