HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [New York]

和の風味をふんだんに織り込んだ本格カクテル

Dec 20, 2018

  • 和食人気が高まる米国で、その関心はすし、ラーメンを超えて多岐のジャンルに広がっている。そんな中、2018年7月にオープンしたのが、和の風味をテーマにした本格カクテルバー「カタナ・キトゥン」。“日本刀”と“子猫”を組み合わせた遊び心のある店名は、伝統的なレシピを基に完成度を追求する日本の美学と、創造性を重視した米国のカクテル文化を融合させた同店のテーマを象徴する。

    オーナーはバーテンダーの世界大会「ザ・シーバスマスターズ」2014年にアメリカ代表として出場し、グローバル・マスター賞を受けた漆戸正浩氏。

    和の風味をふんだんに織り込んだメニューには、ウォッカ、ジン、シェリー、純米大吟醸をバランスよく合わせて檜のエッセンスを加えた「ヒノキ・マティーニ」(18ドル)や、ジン、にごり酒、カルピス、山椒、発泡ワインで作る「カルピコスウィズル」(15ドル)など個性的な15品を用意。よくある“サケティーニ”を超えた多彩な和の風味が、早速和食通のニューヨーカーの話題を集めている。

    (『料理通信』2018年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Katana Kitten
    531 Hudson Street, New York, NY 10014
    ☎+1-212- 243-3000
    16:00~翌2:00
    無休
    www.katanakitten.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。