HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [New York]

ペルー料理の魅力を詰めたサンドイッチ専門店

Feb 12, 2019

  • 近年、世界の料理界では中南米が注目されているが、ニューヨークでその味わいは十分知られていない。そんな中、ミシュラン三ツ星の現代米国料理店「イレブン・マディソン・パーク」出身のペルー系アメリカ人シェフ、エリック・ラミレズ氏は、2015年に現代ペルー料理店「ラマ・イン」を開き、高い評価を得てきた。

    その氏が2018年7月、マンハッタンに開いたサンドイッチ店「ラミータ」が話題を集めている。メニューには伝統ペルー料理を独自に表現した8種(14~24ドル)を用意。たとえば、ペルーを代表する濃厚なソースを絡めた牛ステーキの炒め物「ロモ・サルタド」を、さっくりとしたパンに挟んだり、伝統的な鴨の煮込みをヒントにした自家製鴨肉ソーセージとペルー産コーンを合わせた一品など、多彩な品揃え。

    ペルーのオブジェや写真をミニマルに飾った洒落た同店には、近隣の若者層を中心に毎日約100人が来店する。「サンドイッチという手軽な形で、より多くの人々に伝統の風味に親しんでほしい」とラミレズ氏は語る。

    (『料理通信』2019年1月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Llamita
    80 Carmine Street, New York NY 10014
    ☎+1-646-590-2771
    11:00~20:00
    無休
    www.llamitanyc.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。