HOME 〉

JOURNAL / WORLD

America [Portland]

麻薬にあらず! CBD入りチョコでリラックス

Mar 11, 2019

  • 米国で食品添加物として注目度急上昇中のカンナビジオール(CBD)は、抗炎症や鎮痛・リラックス効果が期待される物質だ。原料は栽培から使用まで州ごとに法規制が異なる大麻(マリファナ)や産業用大麻(ヘンプ)が一般的。だが、これらアサ科の植物は向精神性物質(THC)を含むことも事実である。

    一方、2018年発売の「グルーンCBDチョコレートバー」は、常緑樹の樹皮に育つ苔とレモンピール由来のCBDを配合した米国初の製菓。アサ科植物不使用のため、THC混入の心配がなく、本拠地オレゴン州外でも購入と消費が可能な点が画期的だ。 人気のチョコレートバーに加え、デザートソースやシロップもあり、厳しい品質管理下で手作りされている。

    小売の他、国内の飲食店から卸売り注文も増加傾向。地元で開店した直営カフェは、各商品のテイスティングや、ホイップクリームとショートブレッドを添えたホットチョコレート等の飲み物、チョコクロワッサンを提供している。ペット用食品開発や海外進出を目下計画中だ。

    (『料理通信』2019年2月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ grönCBD
    grönCBD Chocolate Bar(CBD 100mg入り)
    Magical Milk(カカオ38%)、
    Deepest Darkest(カカオ72%) 各20ドル
    https://groncbd.com/cbd-shop

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。