HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Australia[Sydney]

和食メニューもタブレットを使えば時間短縮

Feb 05, 2015

  • シドニーで新規オープンが絶えない和食店の間で、タブレット端末でメニュー注文ができる店が話題となっている。和食に馴染みのないオージーにとって、鮮明な写真と説明付きのメニューは魅力だ。

    日本の定食屋チェーン「やよい軒」のシドニー店では、2014年オープンと同時に昼食時のみiPadメニューを導入した。来店客にスタッフが端末を渡すと、客自身が英語か日本語の入力方法を選んで、注文を送信。使い終わった後はテーブル脇のiPad用布ポケットに入れて待つ。注文状況も端末で確認できる。

    ディナーではまだ、客とコンタクトをとるために従来どおりの注文スタイルだというが、ランチタイムは端末のおかげで、客あたり「約10分は短縮できている」とスタッフの篠原芳彦さん。客にとっては、短い昼休みに時間をとられないメリットはあるが、なによりiPadメニューを「新鮮に感じる」ことが人気の理由の様子。この注文方式、新しい物好きのオージーと相性が良いのかもしれない。
    (『料理通信』2015年2月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Yayoi Japanese Teishoku Restaurant
    Shop 2, 38-42 Bridge St, Sydney, NSW 2000
    ☎ +61-2-9247-8166
    12:00~15:00、17:30~ 22:00
    (木曜、金曜~23:00、日曜~21:00)
    無休

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。