HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Australia [Melbourne]

豪州産の蒸溜酒を使ったカクテルバー

Dec 22, 2016

  • オーストラリア産の多様な植物で作ったジンやウィスキーが世界的に注目を集めるにつれ、国内では、カクテル専門バーの開店ラッシュとなっている。特に、居心地の良い小さなバーが多いメルボルンで、2年前から客を魅了しているのが「バッド・ フランキー」。豪州産の蒸溜酒のみにこだわるヒップなカクテルバーだ。

    中でもオーナーのコステロ氏が熱い視線を向けているのが、郊外のワイン産地ヤラ・バレーで作られるジュニパーを多めに配合した「フォー・ピラー」というアロマチックなジン。タスマニアのペッパーベリーという葉とオレンジの香りが温かみを加える。

    「フォー・ピラー」はワイン産地にある土地柄、シラーズのブドウを8週間浸した「シラーズ・ジン」も人気で、コステロ氏は客に、ワイナリーだけでなくこういった蒸溜酒製造所もぜひ訪ねてほしいと語る。

    2015年には、豪州初のオーガニックジンも誕生し、フード業界の進化とともに、味覚が洗練されていくオーストラリア人。ワインの次に求めるのは、蒸溜酒の未知なる味わいのようだ。
    (『料理通信』2016年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Bad Frankie
    141 Greeves St (near Smith St), Fitzroy VIC 3065
    ☎ +61-3-9078-3866
    15:00~ 23:00 (木~土曜は~翌1時) 月曜休

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。