HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Australia [Sydney]

スイカ料理が光るトルコのメイハネ

Apr 10, 2017

  • 南半球シドニーは、夏真っ盛り。会社の飲み会解散後に立ち寄るシシケバブ屋さんで食べ過ぎたという話はよく聞くが、もっとモダンで洗練されたトルコ料理がシドニーの食好きを虜にしている。

    中東料理の大御所として知られるソマー・シブリオグルシェフが2016年に市内にオープンした「アナソン」は、テラス席がメインの、地中海を思わせる爽やかなメイハネ(メゼと呼ばれる小皿料理を出すトルコのレストランバー)。

    この店では、今シドニーっ子たちが注目している健康食材、スイカがよく登場する。スイカのカクテルに始まり、発酵させたヤギのチーズとレモンの皮で和えたスイカとトマトのサラダなどの冷菜を幾つかシェアした後、シーフードがメインの温かい小皿料理を数種類選ぶという流れだ。

    また、ソマー氏はスイカの種の活用法にも熱心で、今後スマック(酸味があるスパイス)と塩で乾燥させた後、パリパリに揚げたものをサラダに加える予定。夏が長いシドニーにぴったりの食材だ。

    (『料理通信』2017年3月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Anason
    5/23 Barangaroo Avenue Barangaroo, NSW 2000 Australia
    ☎ +61-(0)2-9188-1581
    11:00 ~23:00
    無休

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。