HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Australia [Sydney]

“ お茶の世界”に魅了される若者、急増中

Feb 14, 2019

  • 健康志向の強い20代、30代の間で、お茶のカクテルが“インスタ映え”すると大人気。夏の始まりを祝うように、意表を突いた味わいのティーカクテルが続々と発表されている。

    シドニー湾の絶景を求めて会社帰りの若者が集うバー「アシエンダ」では、ラムをマンゴーやライムジュース、紅茶と合わせた「スウィーテスト・シング」(写真)が人気。紅茶は味が強くないので、他の素材と合わせやすいそうだ。市内西部の隠れ家的バー「ジン・レーン」では、玉芽茶(緑茶の一種)をジンとレモンピールと共に混ぜ、ティーシロップとアニスの香りが強いビターズ(苦味酒)を加えてシェイクした「ガンパウダープロット」を提供。「ジンのボタニカルな香りとお茶がよく合う。アールグレイや抹茶も合わせやすい」と、カクテルクリエイターのグラント・コリンズさんは語る。

    馴染みのあるコーヒーよりも、未知のお茶の世界に魅了される若者たち。「ティーカクテル」は、味わってみないとわからないというワクワク感が、感性を刺激するようだ。

    (『料理通信』2019年1月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Hacienda
    スウィーテスト・シング 21豪州ドル
    https://haciendasydney.com.au
    ◎ Gin Lane
    ガンパウダープロット 20豪州ドル
    https://ginlanesydney.com.au

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。