HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Australia [Sydney]

アルコールに力を入れて存続に賭ける!

Dec 09, 2019

  • 高い賃貸料と労働コストに悩まされ、有名店が続々と閉店する中、シドニーの飲食業界で注目されているのがお酒に重点を置いた店づくりだ。開店ラッシュが続くラーメン店も、最近では利益率が高いお酒に力を入れる店が増えている。

    ボンダイビーチに8月にオープンした居酒屋「イザベル」も、この一例。焼き鳥や串焼きがメインだが、フードよりもカクテルリストの方が長い。例えばウイスキーに柿ジュースを合わせ、グラスに海苔をあしらったハイボール(15豪州ドル:写真)や、コニャックに焦がし味噌とクァンドン(ビャクダンの実)をアクセントにしたカクテル(22豪州ドル)など、組み合わせが新鮮。

    シドニーでは日本のウイスキーをメニューで見かけることが増えたが、同店でも「あかし」や「イチローズモルト」をオンリスト。特に後者は希少性も高く、抹茶とライムを合わせたカクテルはなんと、42豪州ドル。女性客にはカクテルの需要が高いシドニー。個性的なカクテルメニューに、存続に賭ける店の意気込みが感じられる。

    (『料理通信』2019年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Isabel Bondi
    Level 103, 180-186 Campbell Parade, Bondi Beach, NSW
    16:30~24:00(土曜、日曜12:00~)
    月曜、火曜休
    予約不可
    焼き鳥 4豪州ドル~、串焼き 5豪州ドル~
    www.isabelbondi.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。