HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Belgium [Bruxelles]

スプーン1本で独創的なフレンチを

Oct 19, 2017

  • 韓国料理にはビビンバなど複数の食材を一つの器に入れ、混ぜて食べるものが多い。韓国生まれの二ツ星「レール・デュ・トン」のオーナーシェフ、サン=ホン・ドジャンブルは、このスタイルにヒントを得てフレンチ「サン」をオープン。ボウルに盛られた料理を、スプーン1本で混ぜながら食べる気取らないスタイルがヒットして、2016年10月、2号店をサブロン地区に出した。

    両店の総指揮を執るのは、前述の二ツ星でスーシェフを務めた藤井利郎氏。「器の中は、異なる食材と色で構成された小さな世界。視覚で人々を惹きつけ、スプーンですくって食べるたびに異なる味や香り、食感がもたらされ、食べ手は“ 味の散策”に満足するのです」。

    たとえば「アンコウとウコンソース」は、魚をソースと食べた時、チョリソのチップスやエンドウ豆と混ぜた時、すべてを混ぜて食べた時では、料理の印象がまったく違うのだ。独創的な発想と家庭的な雰囲気を備えた上質なフレンチ。月ごとに変わる料理にも熱い視線が注がれている。
    (『料理通信』2017年9月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ SAN Sablon
    Rue Joseph Stevens, 12 1000 Bruxelles
    12:00~14:00、19:00~22:00
    日曜、月曜休
    コース 28ユーロ(昼のみ)、55ユーロ
    www.sansablon.be

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。