HOME 〉

JOURNAL / WORLD

England[London]

ジビエとスコッチウイスキーを提案する新感覚の店

Jan 06, 2016

  • 狩猟による鳥獣肉“ジビエ”は、英国では“ゲーム”と呼ばれ、その稀少性から高価な食材として、長年上流階級の人々に愛されてきた。しかしロンドンではここ数年、そのイメージが塗り替えられつつある。その立役者が、野生のヴェニソン(鹿肉)をメインにした料理で若いロンドナーの人気を集めている「マック&ワイルド」だ。

    同店は3年前、ヴェニソンのパティを使った特製バーガーをストリート・フードとして売り出し大ブレイク、2015年8月に満を持してロンドンに路面店をオープンした。ヴェニソンは、スコットランド出身のオーナー、アンディーの実家が経営するゲーム肉専門店から直送される。バーガー以外にも、滋味深さを残しながら上品な味わいを持つヴェニソンのシャトーブリアンやタルタルなど、野生鹿づくし。

    また60種類以上のスコッチ・シングルモルトを揃え、ゲーム料理とウイスキーのマリアージュを提案するコンセプトにも、常に新しい食の冒険を求めているロンドナー達からの熱い視線が集まっている。
    (『料理通信』2016年1月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Mac & Wild
    65 Great Titchfield Street, London, W1W 7PS
    ☎ +44-20-7637-0510
    12:00~15:30、18:00~23:00(木~土曜は~24:00)
    土曜のランチ、日曜休
    www.macandwild.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。