HOME 〉

JOURNAL / WORLD

England [London]

東ロンドンに続々誕生するヴィーガン・スポット

Dec 06, 2018

  • ここ数年ロンドンの食のトレンドを牽引している“ヴィーガン”。2018年4月に発表された市場調査では、現在英国のヴィーガン人口は350万人強、16年の54万人の約7倍になる。また英「ヴィーガン・ソサエティ」によると、英国の総ヴィーガン人口の約42%が15~34歳であるとされ、これを反映し、若いロンドナーが集う東ロンドンにはヴィーガン店が次々と誕生している。

    中でも注目を集めているのが、2017年9月にオープンした「エッセンス・クイジーヌ」。世界的に活躍するヴィーガン/ローフード料理研究家マシュー・ケニー氏の監修の下、丁寧な料理技術を駆使して作られる創作料理は、地球環境問題を強く意識しつつ、味とクオリティにこだわる若い層を刺激している。

    シグニチャーは、ズッキーニをパスタに見立てたロー・ラザニア。 伝統種のトマト、天日干しトマトのソース、マカダミアナッツのリコッタ、ピスタチオのジェノヴェーゼが層を成す。またケルプヌードル(海藻麺)をカシューナッツ・クリームで和えたサラダも人気だ。

    (『料理通信』2018年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Essence Cuisine
    94 Leonard Street, London EC2A 4RH
    ☎+44-(0)20-7729-5678
    8:00 ~21:00(月曜~17:00)、土曜9:00 ~17:00
    日曜休
    ロー・ラザニア 14ポンド
    www.essence-cuisine.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。