HOME 〉

JOURNAL / WORLD

England [London]

ラフロイグが提案するVR体験が話題に

Jan 15, 2021

  • 世界に冠たるバー・カルチャーの発信地ロンドンで、毎年10月に行われるカクテルの祭典「ロンドン・カクテル・ウィーク」。パンデミックの渦中にもかかわらず、綿密なコロナ対策を講じて開催に至り話題となった。

    「あえてこのイベントを行うことは、コロナ禍で苦境にあえぐバー業界への大きな助けになると考えた」と主催者。例年はロンドン内で様々な趣向を凝らしたポップアップやワークショップが1週間にわたって繰り広げられるが、今年は会期を1カ月に延長。中でも、スコッチウイスキーの雄「ラフロイグ」とロンドン屈指のバー「オリオル」がコラボレーションした、バーチャルリアリティ(VR)体験が楽しめるセッション(10ポンド)に注目が集まった。

    参加者はVRのヘッドセットを着装し、「ラフロイグ」の故郷、アイラ島の大自然と蒸溜所の中を360度画像で堪能。実際にピートを燃やしてスモークを焚く粋な演出、「ラフロイグ10年」や「オリオル」によるラフロイグ・カクテルの試飲、ブランドアンバサダーの闊達な話術も好評を博していた。

    (『料理通信』2021年1月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎LONDON COCKTAIL WEEK
    https://londoncocktailweek.com

    ◎Oriole
    https://www.oriolebar.com/

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。