HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

ラデュレ初のシェフ・パティシエール誕生

Jul 06, 2016

  • パリを代表する老舗パティスリー「ラデュレ」。ピエール・エルメ氏を筆頭に実力派が代々シェフ・パティシエとして活躍してきたが、2016年1月に就任した女性シェフ、クレール・アイッツレールが大きな話題になっている。

    「ベージュ アラン・デュカス 東京」や「リッツ・パリ」、「ラセール」といった名門レストランのシェフ・パティシエールとして、素晴らしいデザートを披露してきた超実力派の彼女は、フランスの食業界誌やガイドブックなどでも多々、最優秀シェフ・パティシエールなどの称号を獲得。今、フランスの菓子業界における最高のパティシエの一人だ。

    女性らしい繊細で美しい表現力と、バランスのとれた風味の組み合わせがクレールの持ち味。2016年3月下旬にパリで発売になった春の魅力がたっぷり詰まった“イチゴ&ヴェルヴェンヌのルリジューズ”を皮切りに、目下新作を続々開発中だ。「ラデュレ」初のシェフ・パティシエールが老舗メゾンに吹き込む、美味でチャーミングな新風。今後の新作は全てチェックしたい。
    (『料理通信』2016年6月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ LADURÉE
    www.laduree.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。