HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

新世代パティシエが新しい潮流を作る!?

Sep 30, 2016

  • 数年前からラグジュアリーホテルのレストランでデザートを手掛けてきたクヴルー氏は、独立を心待ちにされてきた大型パティシエである。

    16年5月末、パリ10区に開店した「パティスリーヤン・クヴルー」の看板商品はミルフィーユ。クイニーアマンの生地をパニーニ専用器で焼き、クレームパティシエ―ルを重ねた。この商品は注文が入ってから組み立てる“モンテ・ミニッツ”で、レストランでの経験をいかしつつ、歩きながら食べられる工夫も。

    「クラシック菓子の掟破りだと批判されるかもしれませんが、ただの冒険ではなく、確かな技術に裏打ちされたモダンな菓子を提案しています」と胸を張り、フランス古典菓子の現代版でも再構築でもない、新たな分野を模索する。他にも、モカ+アニス味のエクレア、苺+ミントのサントノーレなど香辛料やハーブを忍ばせた菓子には驚きが光る。

    早くも人気のブリオッシュ・ブレは全面カリカリッ、砂糖は控えめ、プレゼンテーションは奇をてらわないシンプルさ。数々の品揃えに話題沸騰だ。
    (『料理通信』2016年8月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Pâtisserie Yann Couvreur
    137 Avenue Parmentier, 75010 Paris
    8:00~19:00(木~土曜は~20:00)月曜休

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。