HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

フランスで開催、フランス人による日本酒品評会

Nov 13, 2017

  • 日本酒人気が高まるフランスで、2017年6月、フランス初の日本酒コンクール「蔵マスター」が開催された。審査員はフランス人のみで構成され「オテル・ド・クリヨン」のシェフソムリエ、グザビエ・チュイザを審査委員長に、ワイン醸造家などスペシャリスト32人を迎えるなど、フランスの日本酒市場を広げるにふさわしい人選だ。

    純米大吟醸酒と純米酒の2部門で、エントリー数は221蔵550本。うち181本がプラチナ賞と金賞を受賞した。日本酒のおいしさに加えて、和食以外の料理とのマリアージュによる魅力も喚起し、コンクール後のレセプションでは、パリの仏、和、伊、韓の人気料理人が“日本酒に合う”をテーマに小皿料理を披露した。

    今までもイベントなどを通して日本酒促進活動が行われてきたが、コンクールという大規模な審査を経て、専門家のお墨付きを出すことで、よりわかりやすく、一般の人々に日本酒の魅力が広まっていくに違いない。受賞酒の各部門上位5本は、2017年10月の「サロン・デュ・サケ」で発表される。
    (『料理通信』2017年10月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Kura Master
    http://kuramaster.com/ja/about/kura-master/
    ◎ Salon du Saké
    www.salon-du-sake.fr

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。