HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

映画効果で脚光を浴びる和菓子職人の仕事

Sep 19, 2017

  • おにぎりや弁当、お好み焼きなど日本の食べ物が人気を博すパリ。その中で、和菓子はそれほど普及してこなかった。フランス人にとって小豆はチリコンカーンを想起させ、“甘く煮た豆”に抵抗感があったからだ。

    ところが、2016年公開された映画「あん( 仏題は『東京の美味/ LesDélices de Tokyo』)」のヒットによって風向きが変わる。 早朝から手間暇かけてあんこを炊く仕事ぶりは、ブーランジェを彷彿とさせると共感を得た。

    2016年秋オープンした「朋」は和菓子職人、村田崇徳さんとフランス人パティシエ、ロマン・ガイアさんがタッグを組んだフランス風どらやき専門店。正統派のどらやきを提供する一方で、「ユズ&レモン」「ニッカウヰスキークリーム」などラクトース(乳糖)フリーのフレンチ風どらやきも揃える。

    「小豆の良さを知ってもらうために、まずは仕事風景を見てほしい」と、村田さんは客の目の前でどらやきを仕上げる。日本の食文化に追い風が吹いている今、日仏菓子融合の可能性を追求する店として注目を集めている。
    (『料理通信』2017年8月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ TOMO 朋
    ☎ +33.(0)9.67.77.96.72
    12:00~19:00
    月曜休
    http://patisserietomo.fr
    プレーン 5ユーロ、ユズ&レモン 7.5ユーロ

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。