HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

パリジャンの心を掴んだ“おいなりさん”

Jul 17, 2018

  • パリの和食人気は留まるところを知らず、おにぎりやから揚げなどの専門店も続々誕生。2018年1月には、いなりずし専門店「おいなり」がオープンした。

    京都から取り寄せる油揚げで作るいなりずしは、プレーンの他、エビカニマヨネーズ、野沢菜漬け、しば漬け、ひじき入りなど常時5種。カウンターとテーブル席を備えた、こぢんまりとした店のショーケースに並べている。単品での販売に加え、ポテトサラダや鶏の甘辛煮などを添えた弁当も提案する。夜は、きんぴらや卵巾着などの一品料理も提供する居酒屋スタイルに。飲んで食べた後のシメは、もちろんいなりずしだ。

    「フランス人は甘味と酸味が好きです。この2つを備えたいなりずしはきっと受け入れられると思いました」と、店主の岩佐幸信さん。その狙い通り、初めて食べるフランス人たちも、甘酸っぱいおいしさで見た目も可愛らしい、種類豊富な「おいなり」のいなりずしを高評価。今後は仕出しにも力を入れ、いなりずしの魅力をパリに広めていく予定だ。

    (『料理通信』2018年6月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Oinari
    47 rue Condorcet 75009 Paris
    ☎+33.(0)1.40.35.90.05
    12:00~14:30、18:30~22:00(土曜12:30~22:00、日曜12:30~15:00)
    無休
    いなりずし3個入り7 ユーロ、5個入り10ユーロ

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。