HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France[Paris]

ガストロノミーなベジタリアン料理のレシピ本

Jun 10, 2019

  • 近年、ベジタリアン料理のおいしさを追求する傾向にあるパリ。2018年秋に発売されたレシピ本『フェット・ベジタル』は、菜食主義者だけではなく、料理関係者からも大好評だ。著者は三ツ星レストラン「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」の料理長ロマン・メデールとアラン・デュカス、料理家アンジェル・フェルー・マーグの3人で、野菜の多彩なおいしさを提案している。

    「野菜は素材が持つ味わいや風味を閉じ込めるため、熱湯で茹でてはいけません。時間はかかりますが、野菜には無限の可能性がある。ピュアな味を引き出して、持ち味以上の味わいにするために研究を重ねました」とメデール。

    春夏秋冬の4章からなる40のレシピは“アボカド+キウイ”“グリーンピース+ココナッツミルク+モリーユ茸”など、どれもシンプルで洗練された組み合わせ。カシスビネガーや金柑マスタードなど、料理を引き立てる調味料もふんだんに盛り込まれている。野菜料理に意外な発見をもたらしてくれる、日常使いもできる一冊だ。

    (『料理通信』2019年5月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎Fêtes végétales
    Alain Ducasse, Angele Ferreux-maeght, Romain Meder著
    Alain Decasse Edition 刊 35ユーロ
    ISBN-10:2841239942

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。