HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France [Paris]

パリのファストフードに真打ち登場?星付きシェフのレバノン・ガレット

Jun 17, 2021

  • text by Sakurako Uozumi



  • コロナ禍以降フランスの飲食業界には、工夫を凝らしたサンドイッチをはじめ、新顔ファストフードが続々と出現している。

    2021年1月、北マレにオープンした「サージュ(Sâj)」は、レバノンのガレット専門店。オーナーのアラン・ジェアム(Alan Geaam)氏は故郷レバノンでフランス料理を独学で習得し、現在パリに一ツ星店など4軒を擁する注目のシェフだ。 「店内での営業が不確かな今、料理人として何ができるかと考え、レバノンのソウルフードをボリュームたっぷりで提供することにしました」

    サージュとはドーム型の鉄板で焼いた極薄のパンにソースや具材をのせた、レバノンではポピュラーな軽食だ。パリの朝市のレバノン総菜店で見かけるサージュは、タイムペーストを塗っただけのオーソドックスなものか、その上にチーズか挽き肉をのせる程度だが、ジェアム氏のサージュは自家製の生地に、新鮮な野菜、ハーブ、ケフタ(肉団子)や鶏肉の炙り焼きなど、溢れんばかりの具材がたっぷりと盛り込まれている。食材は、ジェアム氏のレストランで使っているものと同じ生産者の、とびきり新鮮なものばかりだ。

    ボリュームたっぷりでヘルシー、しかも1つ7.9ユーロ~とリーズナブル。パリではすでに定着している中東のラップサンド「シャワルマ」に次いで、人気を呼ぶに違いない。

    (写真)ランチセットには、好みのサージュにフムスかナスのピュレが付いて13ユーロと、外食費が高いパリでは良心的な価格。



    ◎Sâj
    51, rue de Montmorency 75003 Paris
    ☎+33.(0)1.45.66.77.75
    11:00~21:00 無休
    マヌーシュ(ザタール、オリーブ油、キュウリ、ミント、細ネギ) 7.9ユーロ、ケフタ(仔羊のケフタ、フムス、パセリ、赤玉ネギ、タヒニソース) 12.5ユーロ
    Instagram: @saj_lagalettelibanaise


料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。