HOME 〉

JOURNAL / WORLD

France [Paris]

行政も後押し 飲食店営業再開で見直されるテラス席

Jul 08, 2021

  • text by Yukino Kano



  • 2021年5月19日、フランスの飲食店に賑わいが戻った。昨年10月末から半年以上続いていた飲食店営業禁止(テイクアウト、デリバリーは可)がついに解除され、テラス席のみ、人数制限付きではあるが営業再開になったのだ。

    当日は全国的に雨模様だったが、フランス人はこぞってカフェやレストランのテラスに押しかけ、傘を差しながらも、友人知人と嬉しそうにテーブルを囲む姿が、メディアでも多く紹介された。6月9日からは店内での飲食も可能となり、6月30日には衛生管理を徹底しつつ、店内外共に人数制限も解除される予定だ。

    新型コロナウイルスの感染対策をしやすいテラス席への注目は高く、これまでテラス席がなかったり、あっても数テーブルのみだった店が、新たに設置するケースも多い。パリ市は公道へのテラス張り出しを認可したり、国はテラス新設費用を援助するなど、行政も推進に積極的だ。

    カフェのテラスでクロワッサンとカフェクレーム、ステーク・フリットと赤ワインを楽しむ――、以前からフランスらしい光景ではあるが、今後はより一層、テラスで食の喜びを満喫する人々の姿が増えそうだ。

    (写真)従来のテラス席に加え、広いデッキ席を新設した人気ビストロ「フロベール」。



    ◎Flaubert
    10 rue Gustave Flaubert 75017 Paris
    ☎+33.(0)1.42.67.05.81
    12:30~14:00、19:30~22:00
    土曜昼、日曜、月曜休
    https://www.bistrotflaubert.com/en/home/


料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。