HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Germany[Berlin]

イモ好きドイツ人の心を掴んだ“クムピル”

Dec 18, 2017

  • ストリートフード・ブームが続くベルリン。次々と新しいものが登場するなか、2016年から注目を集めているのが、トルコ風ベイクドポテト「クムピル」だ。もともとは80年代に、旧ユーゴスラビア移民がトルコに運んできた屋台フード。巨大なジャガイモをオーブンで焼いて半分に割り、ほくほくの中身にバターとチーズを混ぜてピュレ状にし、皮付きのままトッピングをかけて提供する。

    クムピル専門店「パッタ」は、ベジタリアンが集まる地区という立地もあり大ヒット。トッピングは本国よりも新鮮な野菜を充実させ、ルーコラやチェリートマトなど12種類、ソースは定番のナス、ヨーグルトの他、バジルやルーコラなど6種類から選べる。

    ツナに生タマネギとハラペーニョを効かせた「パッタ・ツナ」(7ユーロ)など店のお勧めの組み合わせもあり、これをアレンジする客も多いそうだ。カリッカリに焼けた皮に、とろけるジャガイモと野菜のソースは最高の相性。2017年8月には2号店をオープンし、さらなる人気拡大を図っている。
    (『料理通信』2017年11月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Patta - Finest Baked Potatoes
    Oderberger Str. 23, 10435 Berlin
    12:30~22:00
    無休
    www.facebook.com/patta.finest.baked.potatoes

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。