HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Germany[Berlin]

コワーキングスペースでスタートアップを支援

Jun 13, 2019

  • ここ数年、ドイツでは食分野での起業が増加傾向にあるという。それに伴い、プロ級の調理器具を揃えたコワーキングスペースが次々と登場している。ドイツ最大のスーパーマーケットチェーン、エデカ・グループが2018年末にオープンした「フー ド・テック・キャンパス」は、キッチンスタジオやオープンキッチン、カフェバーからイベントスペースまでを揃え、最大180名が同時に作業することが可能。コーチングサービスなどもあり、話題を呼んでいる。

    同グループは2017年にも、起業家が開発した新商品を各地のバイヤーがオンラインで閲覧、試販売できるサービス「フードスターター」を提供し起業家たちを後押し。これまでに約700点がアップされた。フード・テック・キャンパスではこのプランをさらに進め、起業家間の交流も深めてもらおうと考えている。

    これまでベルリン発のワイルドコーンを使ったポップコーンやクラフトスピリッツ、ビール醸造家などがビジネスの機会を得、スタジオはフードブロガーなどにも好評だそうだ。

    (『料理通信』2019年5月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎Food Tech Campus
    Birkenstrasse 22, 10559 Berlin
    ☎+49-151-15027752
    会員登録は50ユーロ~
    https://foodtechcampus.de

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。