HOME 〉

JOURNAL / WORLD

China [Hong Kong]

最新香港美食のテーマは“食とアートの融合”

May 13, 2019

  • 近年、ファインアートのハブとしての魅力を上げる香港。3月後半にはアートフェア「アートバーゼル香港」「アートセントラル香港」が開催され、欧米や中国本土の人気アートギャラリーも続々とオープンしている。

    旧市街セントラルに2018年4月オープンした「H クイーンズ」は、8つのメガギャラリーをはじめ、コンテンポラリーダイニングを揃えて話題の的だ。その一つ「アーボー」のコンセプトは、料理人と詩人のカップルが住む森の中の家で、友人や旅行者をもてなす心温まるテーブル。店内に置かれたアースカラーやナチュラルなシェイプが印象的なオブジェやライティングは、オーナーが収集する高価なアンティークやモダンアートだ。

    料理は『ミシュラン香港・マカオ2019』で開店早々、一ツ星を獲得し話題をさらった若手実力シェフ、ノルウェー出身のエリック・ラティ氏の作るノルディック料理。土や石の温もりを伝える食器と軽やかに調和している。香港では食とアートの融合が潮流であり、近年の大切なキーワードになっている。

    (『料理通信』2019年4月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Arbor
    25/F, H Queen's, 80 Queen's Road Central, Central, Hong Kong
    ☎+852-3185-8388
    12:00~14:00LO、18:30~22:30LO
    日曜休
    ディナー6皿 1488香港ドル~
    http://arbor-hk.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。