HOME 〉

JOURNAL / WORLD

India[Kochi]

消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに

Jul 05, 2019

  • 2018年12月から2019年3月まで、南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催された。中でも、食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。

    「食堂」という形をとり、そこに関わる全ての人々――農家、材料を調達する人、料理人、食べにくる人々――の体験や記憶を蓄積していく仕組みだ。1960年代以降、インドでは米の品種改良が進み、10万種ともいわれる在来種米が、姿を消したり、小さなコミュニティ内のみで栽培されるようになった現状がある。

    シェフのアヌミトラ・ゴーシュ・ダスティダルさんを中心としたプロジェクトメンバーは、各地を回って在来種米とその食文化を調査した。プロジェクトで使用された米は20数種。日替わりで1~2種を使って米を中心にしたメニューを展開した。今後も調査は続き、インド各地やパリでのポップアップイベントも決定している。

    (『料理通信』2019年6月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Edible Archives
    Instagram : @ediblearchives
    ビエンナーレ終了後も、SNSにはリサーチやプロジェクトの最新情報が更新されている。
    Kochi-Muziris Biennale 2018年12月12日~2019年3月29日開催

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。