HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy [Torino]

豆、抽出法、飲み方まで選べるバールが誕生

Sep 20, 2018

  • 世界の潮流をよそに、エスプレッソ一筋を貫いてきたイタリアが、ついに重い腰を上げた。1890年創業のコーヒー会社「コスタドーロ」が、2018年5月、トリノのフラッグショップ内にコーヒーバー「ソーシャル・コーヒー」をオープン。

    ビオ、フェアトレード、シングルオリジンなどの豆を選んだら、豆にあった抽出方法(サイフォンもあり!)、ミルクやスパイスとの組み合わせを決めるなど、誰もが自由にカスタマイズしたコーヒーを楽しめる。カリスマバリスタとして知られるジュリオ・パンチャーティチさん以下、特別にトレーニングを受けたバリスタたちが、イタリア初導入のModbar(マドバー)で淹れるエスプレッソは、砂糖なしで苦味と甘味が同時に味わえる驚きのおいしさ。ボトル入りアイスコーヒーの店頭販売や、フレーバーが各種揃ったカフェシェケラートも、これからの季節に嬉しい。

    イタリアのバールでは、“ウン・カフェ・ペルファヴォーレ(エスプレッソを一杯)”という一言だけ覚えておけばOK、はもう古い?

    (『料理通信』2018年8月号/「ワールドトピックス」より)



    ◎ Costadoro Social Coffee
    Costadoro Coffee Lab Diamante内 via Teofilo Rossi, 2 10123 Torino
    ☎+39-011-0371020 
    7:30 ~20:30、土曜8:30~21:00、日曜・祝日8:30~ 20:00
    無休
    エスプレッソ 1.3ユーロ
    www.costadoro.it

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。