HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy[Roma]

ローマ最大の刑務所による社会復帰プロジェクト

Nov 21, 2019

  • 1600人もの囚人を収容する刑務所「レビッビア」に今夏、金曜夜のみ営業するオステリアがオープンした。非営利団体「メン・アット・ワーク」と拘置所の共同運営による社会復帰プロジェクトだ。

    多数の応募者の中から選ばれた厨房とホールスタッフ計8名が、5皿のコースメニュー(42ユーロ)を提供する。内容はトリッパの煮込みや牛テールのミートボールなど地産地消をモットーとしたローマ郷土料理。ワインリストは全てラツィオ産のラインナップ。ディナーは施設内の庭で行われ、アコーディオンやバイオリンの弾ける受刑者のライブもあり、刑務所にいることを忘れさせる盛況ぶりだ。同キッチンからはローマ市の協力で、1人暮らしの老人に無償で食事を配達するサービスや、イベント関連のケータリングも行っており、収益から給与も支払われるという。

    スタッフのモチベーションからセキュリティ保証まで課題はいろいろあるが、開店したばかりのオステリアはすでに“予約のとれない店”となっており上々のスタートだ。

    (『料理通信』2019年10月号/「ワールドトピックス」より)



    ◎ OSTERIA DEGLI UCCELLI IN GABBIA
    Via Raffaele Majetti 70 Roma
    instagram:@osteriadegliuccellingabbia

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。