HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy[Milano]

気の合う仲間と作るカジュアルなプーリアの味

Jan 14, 2020

  • 予約困難な人気トラットリア「トリッパ」を経営するピエトロ・カロリ氏が、今度は仲の良いスタッフ2人と、プーリアのストリートフード店「フラテッリ・トルチネッリ(トルチネッリ兄弟)」を開いた。

    「3人で話しているうちに、プーリアの庶民的な食を広めようと意気投合した」とカロリ氏。メニューには、仔羊の腸でレバーなど内臓を巻いたトルチネッリの他、チーズなどを豚肉で巻いたボンベッテ、豚と牛肉のサルシッチャのザンピーナなど、ディープな南の味が並ぶ。

    小さな店内は、カジュアルなL字型のカウンター席が目を引くが、使う素材は「トリッパ」同様上質志向だ。肉類はプーリア州チステルニーナのサントーロ肉店とシチリアからネブローディ黒豚のサルシッチャを。オイルや酢漬けの野菜類は、ナポリ近郊のジェンティーレ社製。パニーノは、温めるとさらにおいしいくなるパンをグラツィオーリパン店から仕入れて使う。他に日替わりメニューの地鶏ローストやドルチェなどもあり、デリバリーにも対応している。

    (『料理通信』2019年12月号/「ワールドトピックス」より)



    ◎ Fratelli Torcinelli
    Corso di Porta Vigentina, 38 20122 Milano
    ☎+39-02-3651-5075
    12:30~15:00、19:00~22:30
    日曜、月曜昼休
    トルチネッリ、ボンベッテ、ザンピーナ 1個7~8ユーロ
    Facebook:fratellitorcinelli

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。