HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy [Torino]

余剰ワインをベルモットにしてワイナリーを応援

Jan 21, 2021

  • トリノに本拠地を置き、ジンやベルモットをカスタムメイドで作る若手専門家集団「ザ・スピリチュアル・マシーン」が、コロナ禍の影響で窮地に立つワイナリーを応援するプロジェクト「セーブ・ザ・ワイン」を立ち上げた。

    ロックダウンによりレストランなどが3カ月の休業を余儀なくされた2020年のイタリア(2020年10月末現在)。ワイン業界が受けた影響は売り上げ約50%減、収穫したブドウも約3万ヘクタール分を破棄せざるを得ないという予想だ。

    そこでイタリア全20州のワイナリーからワインを集め、ベルモットに作り変えようというアイデア。通常、余剰ワインはグラッパに蒸留するが、ワイナリーが得る利益は1リットルで0.30セント、一方ベルモットなら1リットル0.30ユーロになる。

    ベルモットの生まれ故郷ピエモンテは、例年にないすばらしい収穫年になった2020年。だが大量に作っても捌き切れない、熟成庫のスペースがないから質に集中するしかないというワイナリーもある。新しい若いアイデアは業界を活性化し、明るい希望をもたらすだろうか。

    (『料理通信』2021年1月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Save the Wine
    余剰ワインを使ったベルモット(未発売)
    FENICE 2020 25ユーロ/ 750ml
    https://thespiritualmachine.it/en/


料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。