HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Italy [Milano]

多機能工房を備えたジャンルーカ・フストのパスティッチェリア誕生

Mar 22, 2021

  • text by Yuko Suyama / photograph by Lea Anouchinsky



  • 2020年春、ミラノ市内に誕生した「フスト・ミラノ(FUSTO Milano)」は、オープン工房のあるパスティッチェリア。最新機器を備えた工房は、企業やプロ、菓子愛好家向けの講習会も開催可能で、機能的な空間として将来を見据えた店づくりだ。

    シェフのジャンルーカ・フスト(Gianluca Fusto)は45歳。ホテル学校卒業後ロンドンへ渡り、パリ「アラン・デュカス」でドルチェに覚醒、ミラノの老舗「アイモ・エ・ナディア」で本格的にスイーツの道に進む。ヴァーロナ社のチョコレート学校では講師を務めると共に、商品開発を通して科学や物理学者らの知識を吸収。そして世界各国で活躍した経験を元にコンサルティング事務所を設立し、妻のリンダとコンテンポラリー・パスティッチェリアを実現させた。

    モダンな店内のショーケースには、フストが「厳選した素材からインスピレーションを受けた」ピュアな味わいを、繊細に構築したケーキが美しく並ぶ。棚にはクッキーやコンフィチュール類なども。自慢のプラリネ類は適切に温度管理する。

    月1で新商品が登場し、クリスマス時期には「パネットーネ」、イースターには「コロンバ」も。ブザーを押して建物に入り、中庭に面した工房への向かうのも高揚感を盛り上げる。デリバリーの他、昨秋に好評だった講習会も早々に企画する予定である。

    (写真)ドアを開けると目の前にショーケースが出現。機能的でデザインも優れ、権威ある「コンパッソ・ドーロ賞」も受賞した。左手には一面ガラスで仕切られたスタイリッシュな工房が広がる。




    ◎FUSTO Milano
    Via Ponchielli 3, 20129 MILANO, ITALY
    ☎+39-351-6394364
    https://gianlucafusto.com/gianluca/
    Instagram:@gianlucafusto


料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。