HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Norway [Oslo]

ノルウェーらしさが溢れた“水の妖怪”レストラン

Jan 01, 1999

  • 「茶色いソースをかけた肉団子や簡単なサラダなど、定番の伝統料理ではなく、質にこだわった現代料理を提供したかった」と語るのは、2016年5月にオープンしたカフェ&レストラン「ヌッケン」の経営者、ポール・バッゲ・スカール氏。

    ヌッケンとは、ノルウェーの有名な画家テオドール・キッテルセンが描いた、美しい馬などに化け、人間を水中に誘惑して食べる水の妖怪の名前だ。店舗の上には、この画家が暮らしていたという。

    メニューは複数の小皿を注文するタパス形式で、現地食材を使用した新北欧料理。ビールも国産、コーヒーもティム・ウェンデルボーやカッファなど国内の高品質ブランドを提供する。家具や壁は国産木材で、子連れの親も、ベビーカーごと入店可能だ。

    「物価も高く、家でのんびり食事をする文化が長く続いたノルウェー。「マエモ」などがミシュランの星を獲得するようになり、良い食の波が広がり始めた」と同氏。気軽に外食できる、カジュアルな食の空間を作りたいと、今後の意気込みを語る。

    (『料理通信』2017年2月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Nφkken
    Leirfallsgate 6, 0550 Oslo
    ☎ +47-901-26-888
    11:30~翌0:30
    月曜休
    http://nokkenoslo.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。