HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Norway [Oslo]

どんどんエコになる音楽祭

Jul 06, 2018

  • ノルウェー各地の音楽祭の“グリーン化”が止まらない。首都で開催される「オイヤ」はその代表格。フードの90%以上がオーガニック食材で、肉は少なめ。皿、ナイフなどには廃棄予定だった小麦ぬかが使用され、食べることも可能。生ゴミとして廃棄し、バイオ燃料に活用する。

    チケット無料を条件に、若者ボランティアが会場のゴミ拾い、ゴミ分別を行う。ビールのプラスチックコップやたばこの吸い殻は、子どもが集めて、お金に換金する。来場者は自転車や徒歩、歌手は電気自動車で移動し、CO2を減らす――このような対策は、全国各地のフェスでノウハウが共有・実行されている。

    グリーン化にこだわるほど、フードもおいしくなる。2018年2月に開催された「ビーラルム」では、ラーメンやリゾットなどがあり、皿は廃棄されるパーム葉を使用。最終的には生ゴミとして回収される。テーブル周辺の壁には“食品ロスを減らそう”という文字が。音楽が好きな人々に、“エコの楽しさ”を強制しない形で体験してもらうことが上手な国だ。

    (『料理通信』2018年6月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Øyafestival
    http://oyafestivalen.no/
    ◎ by:Larm
    https://bylarm.no/

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。