HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Peru[Lima]

ペルーならではの素材で旬を感じるジェラートを

Mar 12, 2020

  • リマ市バランコ区の「ブル:イル・ジェラート・デル・バリオ」は、イタリア系ペルー人ラウラ・ルカンジェリ氏とペルー人ニコラス・パルマ氏による、イタリアのテクニックとペルーの味を融和させたペルー初のイタリアン・ジェラート店。

    60種類以上のレシピから常時16種類を提供、ベースとなる牛乳はラ・モリーナ国立農業大学から毎日仕入れている。ジャンドゥーヤなどのイタリアらしいフレーバーだけでなく、アンデスハーブのムニャやナス科の果物キトキト、アマゾン産カスターニャやカムカムといったペルーならでは素材使いが自慢だ。ジェラートの命である鮮度を守るため、作り置きは一切なし。旬の国産素材にこだわり生果肉のみを使うので、ほぼすべてがシーズン限定。

    もともとスイーツに季節感を求める習慣がなく、イチゴ味は一年中あって然りと思い込んでいるペルー人にはずいぶん驚かれたというが、いつもフレッシュで目新しい味が楽しめるとあって、今ではリピーターの獲得につながっている。

    (『料理通信』2020年2月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ BLU: il gelato del barrio
    Jirón 28 de julio 202, Barranco, Lima
    ☎+51-01-247-3791
    無休
    1ボール 7 ソレス、2ボール 10ソレス
    Facebook:gelatodelbarrio

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。