HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Singapore [Singapore]

地元の素材で個性的かつサステナブルなカクテルを

Jun 10, 2019

  • 「なぜシンガポールらしいバーというものが存在しないのか」。そんなインド系シンガポール人バーテンダー、ヴイジェイ・ムダリアーの素朴な疑問から、2016年に誕生したバー「ネイティヴ」。地元のクラフトジンや自家菜園のハーブを使ってシンガポールらしい味を表現し、2018年「アジアのベストバー50」では8位に。

    サステナブルな取り組みにも積極的で、去年の「アジアのベストレストラン50」のイベント「ミーレ50ベストトーク」ではパネリストとして登壇。1日に出るゴミはわずか30~40グラムという、驚異的な数字が注目を集めた。

    皮がゴミになるからと柑橘類は使わず、酸味は自家製のコンブ チャや酢などで代用。コースターは乾燥した蓮の葉を丸く切ったもので、使い終わる度に乾かし、15回ほど使ってからコンポストへ。紙ナプキンの代わりに布製を使い、エコ洗剤で洗って何度も使う。「地元のものを使うということは、手間はかかるが、環境を守ることにもつながる。その重要さにもっと多くの人が気づいてくれれば」と語る。

    (『料理通信』2019年5月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Native
    52A Amoy Street, Singapore 069878
    ☎+65-8869-6520
    18:00~深夜
    日曜休
    オリジナルカクテル「プラナカン」
    23シンガポールドル
    http://tribenative.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。