HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Spain [Barcelona]

ニッケイ料理のその先へ。ルイス・アレバロ氏の新店舗

Dec 05, 2015

  • 2007年頃から、マドリッドにじわじわと増えたペルー発のニッケイ料理店。ペルー料理と日本料理を組み合わせたこのスタイルはそのままヨーロッパ全土に伝播し、日本でもフュージョン料理として知られている。

    ニッケイ料理の立役者の1人でもあるルイス・アレバロ氏が、人気店「NIKKEI225」から独立。「大変さも数倍、でも喜びもそれだけ大きい」と、2014年にオーナー店「ケナ」を立ち上げ、現在じわじわとその評判が広がっている。 カウンターを含め、36名ほどでいっぱいになる店内は、エキゾチックな香り。

    人気の「ウエルバのエビのタルタル」(18ユーロ)は、大西洋の味の濃いエビにワサビを効かせたトビコを混ぜ、エビのアロマを凝縮させたほんのり温かいスープをかけていただく逸品。他にも目にも鮮やかな〆サバや、デザートのレベルも高い。和食でもなくペルー料理でもないニッケイ料理の、さらにその枠を破った創作で挑む。コースは60ユーロ。スノッブなマドリレーニョの定番となりつつある一軒だ。
    (『料理通信』2015年12月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Kena
    Ferrer del Río 7, 28028, Madrid
    ☎ +34-91-725-9648
    reservas@kenadeluisarevalo.com(予約専用)
    www.kenadeluisarevalo.com
    13:30~16:00、21:00~24:00
    日曜、祝日休、12月24、31日休

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。