HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Spain [Barcelona]

スぺインの新たなコーヒー文化を牽引

Apr 21, 2016

  • スペイン人はコーヒー好きにもかかわらず、今までコーヒーの質や風味はあまり追求されてこなかった。ところが、ここ数年、英米の食文化がブームの兆しを見せ、ついにその波がコーヒーに。豆にこだわり、これまで皆無だったドリップコーヒーが飲める店ができ始めたのだ。

    そのブームを引っ張るのが2014年に開店した「ノマド・コーヒー」。豆をローストして販売し、店内でコーヒーを味わえるカフェでもある。2015年6月に2号店として焙煎所に併設する「ノマド・ロースターズ・ホーム」を開店。フェアトレードの豆のみをイギリスの輸入会社から買い付け、豆は生豆の白っぽさが残るほど浅めのローストで提供する。

    同店でコーヒーを注文すると、普通のカフェなら頼まずとも添えられる砂糖はなく、店の隅にきび砂糖の容器が置いてあるのみ。そこには、できるだけ、コーヒー本来の風味を楽しんでほしいという店の意図がある。オーナーは英国在住経験のあるスペイン人で、コーヒーについては全て英国で学んだそうだ。
    (『料理通信』2016年3月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎NOMAD ROASTER'S HOME
    Pujades 95, 08005 Barcelona
    ☎+34-628-566-236
    9:00~17:00
    土、日曜休
    エスプレッソ、カフェ・ラテなど全て2ユーロ

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。