HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Spain[Segovia]

イベリコ豚の“いとこ”「マンガリッツァ種」とは

Sep 30, 2016

  • 生ハムの最高峰と言われるイベリコ豚のベジョータ(ドングリだけで生育した種)。その深い味わいにファンは多いが、お値段は最高級。特別な時にしか食べないというのが、スペインでも通常だ。

    そんな中、日常使いでかつ質の高いハムをと90年代から別品種でのハムの可能性を研究し続けているのが、 セゴビア県のハム専門会社モンテネバド社だ。同社はハンガリーで160頭しか残っていなかった 「マンガリッツァ種」に 出会い、繁殖に成功。

    「マンガリッツァ種」は 地中海品種の仲間で血統としてはイベリコ豚の従兄弟にあたる。イベリコ豚より大型で、厳寒の冬を乗り越えるべく、身体は小さな巻き毛に覆われている。血中のヘモグロビンが十分に増える1歳半ぐらいまで現地で生育し、熟成はセゴビアの気候を最大限に利用した熟成蔵で行う。滑らかな肉質は、 ベジョータ種に勝るとも劣らない。

    国内ではすでに流通している製品だが、近年ヨーロッパ、アメリカへの輸出が拡大しているという。ハムの世界の幅広さを実感させてくれる商品だ。
    (『料理通信』2016年8月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Monte Nevado (Jamones Segovia. S.A)
    Calle San Ignacio, 6, 40270, Carbonero, el Mayor, Segovia,
    ☎ +39-921-560-030
    comercial@montenevado.com
    www.montenevado.com

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。