HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Spain [Barcelona]

高級店を影で支える「スタジエール」論争勃発

Nov 16, 2017

  • 今や花形スポーツ選手や売れっ子俳優並みに稼げる職業とされるトップシェフ。スペインではミシュラン星獲得店が174店舗を数えるが、その底辺を支えているのが「スタジエール」と呼ばれる実習生たち。ことに有名店での修業は成功への第一歩と希望者は後を絶たない。

    しかし、初夏にとある高級料理店の実習生が新聞に過酷な労働実態を告白。長時間労働、無給に加え、内部で横行するパワハラ告発に、国内論争が勃発した。

    これに対し、スペイン最年少でミシュランの星を獲得した「アバック」のジョルディ・クルス(写真)は、「実習生は奴隷ではない。宿と食事を与えられ、最高の環境で学んでいる。そんな彼らを羨ましく思う」「実習生が有給になれば店のメニューも変わり、サービスの質は落ちる」などとコメントし、論争が過熱。

    他のトップシェフたちも多くがクルスの擁護に回った。実習生たちの待遇、保険や税金に関しては店舗によって様々で、法的コントロールはまだまだの段階。論争も長期戦になりそうだ。
    (『料理通信』2017年10月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ ABaC
    Avenida del Tibidabo, 1, 08022 Barcelona
    ☎ +34-933-196600
    www.abacbarcelona.com/es

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。