HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Spain [Madrid]

ジントニックブームで「ご当地ジン」続々登場

Sep 19, 2017

  • スペインでのジンの消費量は、2012年から5年間で33%も増加している。国内ジンブランドは200種、トニックウォーターは41種が販売されているという数字からも、ブームのほどが窺えるだろう。この潮流に乗って、国内の名産品と組み合わせたジンが登場し始めた。

    世界有数のサフランの生産を誇るラマンチャ州アルバセテでは、原産地呼称認定のサフラン入りジン「カルコム・ジン」を発売。ネズの実、カルダモン、スペイン甘草などを浸し、3回蒸留して繊細な香りをジンにまとわせ、サフランの抽出液を加えている。サフランの豪華な黄金色と豊かな香りを楽しめるジンだ 。

    一方ビワの名産地であるバレンシア州カジョサ・デン・サリアでは、クリアな味わいのロンドン・ドライ・ジンとビワのマッチング「ジン・ルチェイ」が登場。カルダモンやコリアンダー、アンゼリカなどの香草と熟れたビワのフルーティな香りを併せ持つ。すっかり定着したジンカルチャーに、「ご当地ジン」はまだまだ増えそうな勢いだ。
    (『料理通信』2017年8月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Azafranes Manchegos .S.L.
    KARKOM GIN
    30.25ユーロ/700ml
    www.azafranesmanchegos.com
    ◎ Ruchey
    Gin Ruchey
    24.14ユーロ/700ml
    http://ruchey.es

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。