HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Spain [Barcelona]

幕引きは潔く、「サンパウ」閉店

Nov 08, 2018

  • 30年続いたサン・ポル・デ・マル(バルセロナ県)の三ツ星の名店「サンパウ」閉店のニュースはスペイン料理界に衝撃を与えた。女性シェフとして、世界で最も多くミシュランの星を有することでも有名なカルメ・ルスカイェーダの決断。

    「なぜ、今?」「なぜ老舗を?」という誰もが抱く疑問を彼女は一笑する。「1988年に開業して以来、レストランとしてここまで成長しました。『サンパウ』の歴史は成功の歴史。その成功があったからこそ、私は自由を勝ち得たのです。閉店は自由を勝ち得た結果の決断。定年退職するつもりはありません」。今後は東京支店とバルセロナ・マンダリンホテル内の「モメンツ」の他、「コシーナ・デ・エストゥディオ(研究所の料理)」と呼ばれる業務用新商品開発にも力を注いでゆくという。

    閉店の10月27日までは連日満席。かつての「エルブジ」閉店といい、今回の「サンパウ」閉店といい、華やかな時期に次のプロジェクトを見据えて閉店、という選択は、国内外の著名シェフの間に強い影響を与えそうだ。

    (『料理通信』2018年10月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ San Pau
    Carrer Nou,10,08395, Sant pol de Mar, Barcelona
    www.ruscalleda.cat/en/menu

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。