HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Spain [Atxondo]

「エチェバリ」シェフ、世界第3位の胸中を独白

Nov 18, 2019

  • 2019年6月「世界のベストレストラン50」が発表され、スペイン料理界もメディアも大いに賑わった。ところが翌月、7月3日付全国紙『ラ・バングアルディア』紙に、アサドール(炭火焼)の名店「エチェバリ」のシェフ、ビットール・アルギンソニスの記事が掲載された。

    「孤独を感じる、飽和状態だ。もう手一杯だ」とタイトルを打たれた記事では、シェフが3位に選ばれた心境を訥々と語る。「(ランクインすると)皆、まるでW杯に勝ったような勢いだ。こうした祭典は私の中では苦痛の一つ。推薦してもらえることはいいことだが、何にでも限界がある」と告白。「なぜ、あれほどまでに騒ぎ立てなければならないのか理解できない」。自己表現が苦手だというビットール氏。

    「(シェフを)まるでスターのように扱うが、私はスターなどにはなりたくない。私は普通の人間で、自分のできることを最良の方法でやっているに過ぎない」という言葉が、彼の料理を要約している。多くの料理関係者が彼の哲学に共感したに違いない。

    (『料理通信』2019年10月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Asador Extebarri
    San Juan Plaza, 1, 48291, Atxondo, Bizkaia
    ☎+34-946583042
    13:00~14:30、土曜20:30~ 21:30
    (11月~3月は土曜夜営なし)
    8月、12月24日~1月9日、4月18日~23日休
    https://asadoretxebarri.com/

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。