HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Sweden [Stockholm]

バーでノーランド地方の食に触れる

Apr 13, 2017

  • スウェーデン北部のノーランド地方に焦点をあてたレストラン「クヌート」が2013年、ストックホルムにオープンして話題となった。同店では北部で食される鹿やムースを使った料理、多種栽培されるベリーのデザート、そして北部家庭料理の定番「パ ルト(豚バラ肉をジャガイモで包み茹でて、焦がしバター、コケモモと一緒に食べる料理)」を提供するなど地方色満載だ。

    その「クヌート」が新しくバーをオープン。オリジナルのフラットブレッドピッツァを提供して人気を呼んでいる。現地では、世界に名高い日本の「くさや」にも似た発酵ニシンの「シュールストレミング」をフラットブレッドとサワークリーム、刻みネギなどと一緒に食べるのが一般的だが、ここではピッツァ生地として焼き上げ、北部の著名なヴェステルボッテンチーズやトナカイの肉をトッピングに。

    またクラウドベリーなどを使ったオリジナルのドリンクも好評で、森林を思わせる内装と共にストックホルムにいながら北部ノーランドを十分に堪能できる。
    (『料理通信』2017年3月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Knut Bar
    Regeringsgatan 77, 111 39 Stockholm
    ☎ +46-(0)8-15-15-15
    11:00~24:00(金曜~翌1:00 、土曜17:00~翌1:00)
    日曜休
    http://restaurangknut.se/knut-bar

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。