HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Sweden [Stockholm]

ベーキングで食のバリアフリーに挑む

Feb 06, 2018

  • 近年、乳糖不耐症、小麦アレルギーに対応したメニューの需要が増えているスウェーデン。全品ラクトース(乳糖)フリーのベーカリー「フリーダス・バークベルク」が、2017年7月、ストックホルム市庁舎近くのビジネス街にオープンした。

    料理人としての経験を持つフリーダ・リンドクヴィストさんは、自身も乳糖不耐症。友達に頼まれパーティで出したペストリーが好評で、ブログを開設すると口コミで話題に。次第にベーキングの科学の虜になり、自店を構えるに至った。

    同店では、乳糖を含まないバターや生クリームの他、小麦粉やなたね油などの素材は、地元産やエコ・オーガニック製品を使用。従来のバターや生クリームを使ったペストリーに慣れた年配客は半信半疑ながら、なんら変わらない味わいに驚き、リピーターが増えているという。他にもアーモンド粉を使ったチョコレートケーキやヘーゼルナッツ粉で作るブラウニーなどグルテンフリーのお菓子、グルテン・ラクトースフリーのパンなど、“フリーなレシピ”に果敢に取り組む。

    (『料理通信』2018年1月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ Fridas Bakverk
    Hantverkargatan47, 112 21 Stockholm
    ☎+46-(0)8-650-7959
    7:00 ~14:00
    土曜、日曜、祝日休
    フルクトブルード(フルーツパン)70スウェーデン・クローナ
    www.fridasbakverk.se

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。