HOME 〉

JOURNAL / WORLD

Sweden [Stockholm]

材料を育てて作るサステナブルなストリートフード

Feb 06, 2020

  • テレビ等で活躍し、サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。彼がストックホルムガス社と提携して行った、一風変わったプロジェクトが注目を浴びた。

    100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取ったのは2019年4月。その場で調理するのかと思いきや、限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という無駄が出ないストリートフードだ。

    提供するのはヴィーガン対応でアレルゲンフリーのタコス。モレ(ソース)にはグリルしたビーツ、ワカモレにはアボカドの代わりにソラマメを使い、フェンネルのサラダには発酵させたルバーブを加えて、仕上げにコリアンダーを散らす。野菜は全て市内のユールゴーデン島の畑で栽培された。

    ウェブサイトでは種まきから始まり、材料となる野菜の生育具合を随時報告。味はもちろん、サステナブルな取り組みに喝采が上がった。単発のプロジェクトではあるが、食品ロスに対する人々の意識が高まったのは間違いない。

    (『料理通信』2020年1月号/「ワールドトピックス」より)

    ◎ PAULS GATUKÖK
    タコス 155スウェーデン・クローナ
    https://stockholmgas.se/paulsgatukok

料理通信メールマガジン(無料)に登録しませんか?

食のプロや愛好家が求める国内外の食の世界の動き、プロの名作レシピ、スペシャルなイベント情報などをお届けします。